東洋医学講座 秋の腎養生

みなさん こんにちは😊

今日は水戸の県庁近くにある、千晴接骨院の後藤先生による、「東洋医学講座 秋の腎養生」セミナーを行いました。

夏は冷えやすいので、温めておくと冬の大きな病気をしないという話を聞きました。冬の温め方としては、つぼを中心に温めたりすることがよいとのことです。三陰交(内くるぶしから指4本上:若返りのつぼ)はとにかく冷やしてはいけないと。後藤先生は、夏の格好はTシャツ、短パン、レッグウォーマーという恰好だそうです。クーラーが効いていても調子がよいとのこと。もう夏の時期を過ぎてしまいましたが、来年試してみようと思います。

身体が冷えると、温めるために生命エネルギーをどんどん使ってしまい、老け込んでしまいます。陶板浴にきて、温める♨これからの季節が本番です。

東洋医学と陶板浴、合わせて楽しんでくださいね。

関連記事

  1. レモン

  2. 「どんなに辛いことや苦しいことがあったとしても…」

  3. 今日の陶板浴

  4. おすすめ図書「自然治癒力が上がる食事」

  5. 梅雨の戻り

  6. 明日は、健康にこだわり続けるイバケンの住宅祭り

PAGE TOP